現在は人の考え方が変わってきました。ピアスの穴があっても就職の面接などで厳しく追及されるケースはめったにありません。どうしても気になる場合は、肌色のクリームなどをホールに塗り込んでおくと念のため安心かもしれないです。その他にもホールを目立たなくする技術がいろいろとあるため、工夫してみるといいです。
耳のほかにピアスを入れる箇所といいましたら、たくさんありますよね。多いのはおヘソや鼻周りなどといった箇所ですが、場合によってはくちびるや舌の裏筋に穴を開けて利用している方もいます。とりあえずピアスが入れられる部位であればだいたいどこでも取り付けられるようですが、できれば痛そうに見える箇所は止めて欲しいところであります…
男の人の場合、両耳でなく右の耳にのみピアスを付けると同性愛を表現してしまうと思われているようです。女性の場合、両方の耳でなく左の耳にのみピアスを装着してしまうとレズビアンを意味するみたいです。当然世界共通のルールではないので、何となく記憶しておけば、さまざまなトラブルを招かずに済むかもしれません。

男の人がピアスを身に付けていても今の社会では何も言われないですが、やはりビジネスの場面などで指摘を受ける危険性はあります。その一方女の人の場合には、仕事の現場でも問題ないケースが多いです。大丈夫と言うよりも適度なアクセサリーは必需品とも言えるため、出過ぎない仕事向けのピアスを用意しておくといいです。
ピアスのサイズについてなのですが、これは普通G(ゲージ)といった値で表しています。一般的な商品において、一番ミニサイズの20Gのものが0.8mmの大きさをしています。これと18Gのものが、基本的なピアスの規格サイズということで制作されているといいます。Gが下がっていくごとに、サイズは太くなっていくのだそうです。
もともと耳たぶのサイズは、金銭に関する運を暗示すると考えられています。耳たぶの大きい人は福耳と呼ばれているのですが、その福を暗示する発達した耳たぶに穴を開けるピアスは、金運を落とすと言われているのです。しかしながら、実際は一部の意見です。気にもならない人ならば、思い切り楽しんでもオッケーです。

ピアスが日本で一般的に使われるようになったのは、1930年初頭からと見られています。ですが、実を言うと古墳時代の発掘品などから、当時の日本人たちがピアスをしていたという実態が判明しています。そこから長い年月ピアス文化は潰えたのでありますが、私たちの代に入ってから再び流行したのであります。
多種多様なデザインが出回っているピアスです。ドレスなどにしっくりとくるピアスや、カジュアルな服にぴったりと似合うピアスなど、洋服や場所にふさわしいピアスが各種リリースされているので、その場の雰囲気に合わせて身につけるといいです。髪型にもバランスや相性があるので、一通り規則を学ぶといいです。